スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
屋根瓦の色を選ぶ
屋根はやっぱり  に決めました。

      ( ^0^)V・・・ケッテイ

街なかを歩いていて感じたのです。

  家自体が古くなっても、瓦屋根には、   
  それなりの味わいが残ってる気がする・・・・と。


     ---------------------------



ただし瓦は、スレートに比べて色のバリエーションが少なく
オレンジ色 周辺に限定されてしまいます。

案の定、街で見かける瓦屋根は
ほとんどがオレンジ
ちょっと手垢が付いた感じは否めません。  

    ( ̄n ̄;)・・・ウーン・・アリガチ

   
でも他の色は、茶色とか、ベージュの
これ一色で作ったら渋すぎちゃう?
という感じのヤツばっかりなんですね。

    (´А`;) ・・・ワビ サビ?

    
とはいえ青や緑、銀色にすると、和瓦になってしまうので、
そんなのをてっぺんに載っけたら
ヨーロピアンテイストの外観が台無しになりそうです。
 
    (`0´;)・・・カッコワル


   
---------------------------


そこでまた、建築士さんに相談です。


「オレンジの屋根って街中にあふれてますけど、
ありふれてなくて、地味にならない瓦ってありますかね?」


「確かに一杯見ますねえ。
 でも瓦の色の配合の仕方で、
 ピンクっぽくしたり、ベージュっぽくしたりできるんですよ。」

「へ?」


瓦屋根のサンプルと、それを使ってできる屋根の写真を
実際に見せてもらいました。


屋根の色のトーンは、
何色かの配合によって、いろんなパターンができるということです。


   アンバー(赤茶)を多くしてアイボリー(白)を混ぜれば、
   遠目にはピンクになる。

   配合しだいでトーンも、
   サーモンピンクからダークピンクまでさまざま。

   オレンジもアンバーを混ぜる事で朱色に近くなり、
   アイボリーを混ぜる事でベージュピンクに近くなる。

瓦色

しかも瓦は一枚一枚手焼き で、
みんな 焼き目の色具合が違うのです。

更に複数の色で混ぜ葺き をすると、
職人さんの瓦の置き方次第で、
表情が変わってくるそうです。


  「だからどんな色目の屋根になるのかは、
   置いてみるまではっきりとはわからないんです。
   賭けですねえ。 
   でもうまく行った時はうれしいですよ。 」
          
    p(≧▽≦)q  ・・バクチ?  アート?



---------------------------



オレンジの屋根には変わりないけれど、
アイボリーを増やして
ベージュのテイストを入れることにしました。
(上の図なら右端の色が近いです。)


「近所に一杯ある屋根の色」 よりも
ちょっとシックな色合いに落着けそうです。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ 
 ↑ 違いに気づかない人も多そう。 ポチッとよろしく。 

スポンサーサイト
[2008/11/03 06:00 ] |   外観 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ハウスウォッチャー | ホーム | 外観デザインを選ぶ(^▽^)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。