スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
不用品はお安く捨てたい
引っ越し料金を安く上げるためにも、
家具、荷物はできる限り減らしたい。


けれども要らなくなったものの処分って
けっこう面倒でお金もかかるのでした。


   Y(@皿@)Y  ・・・・ひー 高いっ!




たんすやテーブルといった家具は、
市の粗大ゴミ処理課で有料引き取りですが、
引き取ってくれるだけマシ。

家電などは、リサイクル法のおかげでお断りされちゃいます。



壊れた時に買い換えるのであれば、
購入の電気店が古いものを
(有料で)持って行ってくれますが、
ネットで海外からパソコン買った場合など、
古いやつは簡単に引き取り手がありません。



我が家にもまさにそんな厄介者がいました。

それは壊れたパソコンのディスプレイ



そのパソコンを買った電気屋は
二十世紀のうちにつぶれているので、当てにする場所もありません。


市の資源循環局に電話しても、
よその大型電気店に電話しても、

「メーカー(NEC)と直接連絡を取って引き取ってもらってください。」
というすげないお答えでした。

取扱説明書の後ろにある電話番号に
幾つかまた聞きして、リサイクル用の番号を探し当て、
電話してみたら


  処理費用が3500円   (;`o´)・・なぬっ 



当時は家族に入院患者がいて、
ただならぬ金欠状態だったので
そんなもん払えるかーとキャンセル。

がしかし有料引取りの業者さんを当たってみたら
4000円だったりして・・・・・・。


・・・・・勿体無いで2年ほど放置。

あまり見たくないままに、
引っ越しついでに処分頼むしかないかと考えてました。



しかし先日郵便ポストに、

 「家電無料引取りいたします」 

という、ちっちゃいチラシが入っていたのです。


「この破格値はいったい何だ?」
早速電話をかけると、

「旧式のブラウン管型の物はもう製造中止なので,
すいません。
引き取り千円ほどかかるんですけど。」

と、低姿勢な受け答え。

家まで取りに来てくれながら、格安の千円 


それに文句つけるほど、ケチにはなれません。





・・・・次の日早速、ひき取りに来てくださいました。




長年の場所ふさぎが、無くなって   

     (^▽^)ホッ



引越しのときには捨てる予定の家具、
多々ありまする。
壊れている状態で使用中のタンスとか・・・・。


引っ越し屋さんに処分を任せると
一個につき5千円が相場とのこと。


    (@△@;) ・・・ヤバ


すごい事にならないように、
お安い引き取り先をがんばってみつけたいものです。



捨てるって何のお得感もない割には、
費用は馬鹿になりませんものね。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ 


   ↑ 腰の低いおじさん、ありがとう。 ぽちっとよろしく。


スポンサーサイト
[2009/03/11 13:52 ] |   家具・生活用品 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。