スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
先生、外構にモノ申す
設計士の先生が、
外構プランをチェックしてくれると言うので、

A社とB社の両プランをたずさえて
夫が、城南建設へと出向いて行きました。

     ・・・・ 詳しくは 
      先生、外構に待ったをかける  を読んでね。


そして夫と営業さんと、設計士の先生の3人で
プランのチェックに入ったところ



営業さんは、両方のプランを見て
 「高い!」

先生は、両方のプランを見て
 「この家に合わない !」 

と、ばっさり切って捨てました。  


       |||| (°▽°;)|||||・・・グワァッ




まず先生が 「これはダメだ」 と言い切ったアイテムは、
この白いメッシュフェンスです。

メッシュフェンス


両プランともこれなのですが、
実は、業者さんがデザインで選んだのではなく、
一番安いやつにしてくれ と
私が注文をつけたからこうなったのでした。

白い家に白いフェンスということで
一応セーフかなと考えていたのですが
先生の判定では、完全なミスマッチ。 ( >×< )


先生は、
「塀は要らないからここは木を植えて欲しい。  
 もともとそのつもりで、このスぺースを作ってるのです。」
とおっしゃったそうです。



   ・・・ そうすると塀代、払わなくてすむのですか?


そして、A社のプランは
直線的に過ぎる と切り捨てましたが、

B社のプランに対しては、色々ダメ出しをしています。

  門柱が高い、
  ここが固い、
  もっと波打った感じにするべきだ。
  花壇だけでなく、他の場所もRのラインを多用するべきだ。
  このメッシュフェンスは絶対にやめて欲しい。

   ・・・・などなど。

  チットは見所があるということでしょうか。




営業さんの方は、
予算をたててローンを組んだ責任上、
外構費用を、予算に近い額で抑えたい (50万) と
いう思いがあるようです。


「僕がもっと安い業者を紹介します。
 重機は僕が動かせば、その分お安くできますよ。」

と、さらに業者の競合を提案してきました。


百万円を切って見せると言うので、
お任せしてきたそうです。




1週間後にはC社のプランが出来上がってきます。

A社は、現場監督さんに電話して断ってもらう事にしました。

B社は、とりあえず先生の意見を電話で伝えて、
お返事をもう少し、待っていただくことにしました。



次はB社、C社の競合です。
うーむ。  どうなることやら。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ 

  ↑  ややこしや~  ぷちっとよろしく    



スポンサーサイト
[2009/02/17 06:00 ] |   外構 | コメント(8) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。