スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
地主となる(登記の話)
ローン契約の次は、
(土地会社に払うお金ができたので)
土地決済である。


登記費用と 手数料を 
30万円程度、口座に入金して
後は夫一人で銀行に出向き、ハンコを押せば完了。


預金通帳に 一瞬だけ (キラッ)
2000万円を超える ビッグな金額が記帳されるが、
触る事も拝む事も無いまま過ぎ去っていきました。


    --------------------- (ピュー)  
  

登記というものが済み、
その土地の登記簿に
ウチの夫の名前が書かれるそうだ。



登記簿という言葉からは
 土地・財産 → 遺産 → 相続 → 争い → 殺人事件 
と、昭和のサスペンスドラマみたいな連想しか でてこない。、

                (^_^;)ヾ ・・・

実際なんの役に立つのかと聞いたら
土地を売る時に必要なのだという事だった。

だ゙から普通に生活をする際には
全く意識しないで終ってしまうものだそう。




なくすと大変なことになる?
ご安心を。          


大事なのは書類よりもむしろ番号。
紙はなくなっても、番号がわかっていれば
登記の移転は出来るそうですよ。



半年後には建物の登記が待っている。
引っ越しのごたごたでなくさない様に
しっかり管理をしないといけません。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

  ↑ 忘れずに番号を控えようっと。  ポチッとよろしく。 














スポンサーサイト
[2008/11/25 06:00 ] |   契約の話 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。