スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
体感ハウスに行って見る
私たちの家を外断熱で作ることは一応できる。
が、問題点もある。

1、 城南さんでは、内断熱工法がスタンダード
   現場の大工さんが良く知らない工法より、
   熟練したやり方のほうが、ずっと
   丁寧な仕事が期待できるだろう。  

    (・_・)V   ・・・マカセロ

2、 断熱材に200万円も払ったら、
   諸費用というものが、なくなってしまう。    
   それは、 「登記代と、保険料と、仲介手数料と税金」
   という、ばっくれるわけには行かないオカネ。

   引っ越し代も家具代も、           
   全部もって行かれてしまうワ。
 
     (+皿+)  ・・・・スカンピン


3、 オリジナルとは違う工法になるので、
   ハンパな外断熱になる可能性大有り。

(--;)A・・・・コンナハズデハ・・・


もんもんと悩んでいる時、
ネットであることに気が付いた。

「あれ、外断熱体感ハウスって、めちゃ近い。」

「いい家」シリーズの工務店 が手がけた、
オリジナルの外断熱ハウスが、
車にして10分という御近所に、建てられていたのだった。


実物を見て、たいした違いがなければ、あきらめもつく。
そう思って、電話予約し、子連れで訪ねてみると、

 
の著者の久保田さんが、お出迎えしてくれた。

現在は、体感ハウスの管理責任者をされているようだ。
品のいい親しみやすい女性で、年齢も近い。(家も近い。)


案内されたその家は、家の雰囲気に合った絵が
あちこちにかかっていて、インテリア全般も感じがいい。

屋根裏、床下、風呂の裏などの
普通なら汚い空気がたまりやすいところがクリーンで、
家中が、木のいいにおいに包まれて、
部屋の温度、湿度も心地よかった。    

そしてエアコンは1台しか稼動していない。
今年のような暑い夏でも、
扇風機ひとつあれば、涼しく過ごせると言っていた。

    ~ 

  夏は外壁のなかを風がとおり抜ける。
  冬は外壁の通り道を閉じるようにする。
  季節に合わせて、家が衣替えをするように働く。
  だから施工中の大工さんたちも、
  暑さや寒さを感じずに快適に仕事が出来るらしい。

さすがは本家本元。


建築士さんから聞いた不安な点、
外壁の長期安定性について聞いてみたら、 
「今は、すごく長くて丈夫なビスが開発されていますから、
 剥がれるという事は無いでしょう。」
と自信ある答が返ってきた。


技術は改良されている。
しかしまだデータは出ていない。
建築士さんも、久保田さんも、間違った事は言ってない。



こうなったら、他のメーカーの家も体感してみるか。
他の家だって、新しければそれなりに快適かもしれないし。


というわけで、お次は住宅展示場をまわって
おうち見学を、ちょっとやって見ました。

                   



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ 
 ↑ グーということがわかってしまった。 ポチッとよろしく。 



スポンサーサイト
[2008/10/26 10:16 ] |   外断熱か内断熱か | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。