スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
情報収集
住宅情報誌は、ドラッグストアやスーパーで
タダで置いてある。  

希望沿線の相場を見るには役に立つが、
不動産屋に電話をかけて
物件を見に行くのは気合とノリが必要。 

タダ雑誌に載ってる物件に
掘り出し物ってあるんかい?
安いのは、それなりの変な家 ?    □(`з´)\  ・・ロクナノナイ

難癖をつけて、
なかなか腰を上げない我々。
本気で引っ越す気があるのか?


そんなのらくらとした情報収集中に、ちょっと面白い本を見つけた。

          
という本と、  
          
という本だ。


「賃貸でもアリかなあ」
と思っていた私たちが、
やっぱり持ち家にしようと考えたのはこの本がキッカケとも言える。

だいたいこんな内容の事が書いてあった。


・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・



「今は家を買いたい人にはチャンス到来。 

 なぜなら住宅は、 今、日本中で余ってきている。

 もうバブルも無いから、
 今から土地の値段が高くなるのは一等地だけ。

 土地も家も郊外では、 リーズナブルな値段に落着いてきている。

 不動産屋は経営が苦しく、
 何としても売りたいので、
 値段はこれからも下がっていくだろう。

 金利も今は史上最低だから、
 ローンを組むのも今が絶好のチャンス。

 インフレが着たら金利は上がると言うが、
 金利に反映されるには10年以上はかかる。
 
 そして本当にインフレが来て、
 円の値段が上がってしまったなら、
 むしろ賃貸の家賃が高騰する。

 そのときに持ち家はあなたを守る財産になる。」

・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・


持ち家派に完全に転びました。

  

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ  ← 不動産屋にいこう。 ぽちっとよろしく 





スポンサーサイト
[2008/08/30 07:08 ] |   不動産めぐり | コメント(4) | トラックバック(0)
どんな新居を選んだら?
来年の契約更新までに引っ越す。
・・・・という目標だけは定めた。

とはいえ、
どんな形でどんな家に行くのか、  
はっきりとした方針は
ぜーんぜん決まってない。

で、引っ越すと言っても、
やり方がこんなにたくさんある事に
改めて気づいたりして。        〆(゜_゜;)  エート ・・  



① マンション 賃貸
② 一戸建て 賃貸
③ 中古 分譲マンション購入
④ 新築 分譲マンション購入
⑤ 中古 一戸建て購入
⑥ 新築 建売一戸建て購入
⑦ 新築 注文一戸建て購入



 賃貸マンションには、狭いのしか無いから、
 これははずす。

 分譲でも、3LDK、4LDKが普通だから、
 3人きょうだいみんなに部屋与えたら、
 大人の場所がないままだ。
 
 ローン支払いの他にも、修繕積立金とか、管理費とか、駐車場とか、
 コストがかかるのが気になる。
 
 管理組合の関係も大変そうだ。( たまに聞く )


 じゃあやっぱ一戸建てということになるか。

  借りる?
  買う?
  中古? 
  新築


貯えもあんまりない40代夫婦に、
手にいれられる住まいって何だろう?


どこまでのお金が調達できるのか、
家で考えたところで
さっぱりわかりませんでした。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ  ←  動かないとわからない。  ぽちっとよろしく




[2008/08/28 07:20 ] |   不動産めぐり | コメント(4) | トラックバック(0)
会社で暮らす夫
うちの夫は、仕事も会社も大好きなので、
会社にいる時間がとっても長い。

残業だって、  
接待だって、  
飲み会だって、 

好きな仕事で、好きな人間関係でやってることだから
弱音も愚痴も吐かない。

台風や地震や大雪で、帰宅難民になったら 
迷わずに会社にお泊まりするだろう。



親子喧嘩で殺伐とした家にいるより、
会社の方が楽しいのか?



そして今住んでる場所は
通勤に便利なので、
彼は全然不満に感じていなかったそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある時ふと私が、

「家を変えたい」         
    と言うと、

「えっ、不満だったのか?」  
    とビックリしていた。

「えっ、平気だったのか?」  
     私のほうがビックリしたワイ。


Dr・コパにお宅拝見されたら
黄色い物をいっぱい買わされそうな家なのに。
          
  



でもそれ以来、
夫が、引越しの事を
考えてくれるようになったのだった。


家に住んでる時間が短いと、
家の欠陥ってあんまり
気づかないものなのね。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ  ← ずっといるから目に付く。どうぞよろしく



[2008/08/25 06:05 ] |   家探しに至るまで | コメント(2) | トラックバック(0)
ミセス・クレイマー
今のマンションは
9年前から借りて住んでいる。  

駅も近いし、通勤通学も便利だが、 
ここで生まれた末息子だけ、  
ダニとホコリのアレルギーがある。 


季節の変わり目には、
ズビズビ鼻が痒くなり、
ゴホゴホと咳が出るので痛々しい。


長女と次女は1つ前の家、
マンションの5階に住んでいた時に生まれたから、
シックハウス症候群にはかからずに済んでいるのだ。



  どうしてそこから引っ越したのかって?    ))


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   


いや、下の階の部屋に住む人の
「音がうるさいですよ」
と言うクレームに耐えられなくなったのです。  


大人だけで暮らす人には、
子供の出す騒音は耐えられないものだったらしく、
ノイローゼかというくらい、      (@0@)/
文句をいただきました。


子供の行動を変えるより、 
家を変える方が手っ取り早い。   


でも小高い丘の上(つまりすごい坂)の
不便な土地だったので、
今の立地に引っ越した時は
実はほっとしました。  


ちなみに、長女の昔の家の思い出といえば、
「下のおばはんが、うるさかった」 だけだそう。

あと5階だったのにエレベーターなくて、
荷物運びと子供運びがしんどくて、
寿命縮まりそうだったから。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   


でも今の家(1階)に移って
2キロ確実に太りました。
                            
ただの移動が相当な運動になってたのね。|

でももう戻りたくない。

それ、老体に堪える・・・。 (ばーさんか)




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ   ←まだばーさんではありません。どうぞよろしく


[2008/08/22 15:00 ] |   家探しに至るまで | コメント(2) | トラックバック(0)
家を替えたい
もーいや、今の家!   (>×<)

マンションの1階だから当たり前だけど、
とんでもない黒かび天国、  
いや、,地獄。           

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リビングのある南側は
日当たりも、見晴らしもまあまあなんだけど、  
北側の部屋ときたらば、
冬と、梅雨と、長雨の季節は  (つまり1年の半分が)
結露、結露でびしょびしょなのだ。

クローゼットに入れてる服もニオッてくる。

  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そしてそこは一応書斎、
でも本棚にある本はみんな、
黒い点々が付いてたり、曲がってたり、臭かったりで、
ブックオフさんも引き取ってくれないしろものになってます。

捨てたい。  \(>口<)/
 

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして家の収納は、完全に破綻。
行き場所を失った物たちが、
あちらこちらへと、日々引っ越しをしている。

いつも何かを探している人生。

みんな捨てたい。   p(>~<)q

でも私のものじゃないモノを捨てると家族からクレームが~。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今の季節、
結露は少しおとなしい。
でも熱こもる。 蒸れる。   


そして外は明るいのに、
便所も、台所も、風呂場も暗い。
( サニタリー、キッチン、バスルーム とはあえて言わない。)


しかもエコとか言って、
思春期中学生が、家の冷房しょっちゅう切ってくれる。

我慢大会か! \(@皿@)/

だったら、ドアを開けて風を通してくれ~。
オープン ザ ドアー  プリーズ。(悲鳴)




何?プライバシー侵害?
心外はこっちだっての 



この家の構造と、娘の行動のお陰で、
毎日あほらしいケンカが耐えません。
( も食わない )

きっと家相も悪いのよ。

賃貸だし、そろそろ我が家も
住み替え時を迎えているようです。   




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へはじめまして、どうぞよろしく
[2008/08/19 11:00 ] |   家探しに至るまで | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。