スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
オプションの誘惑
見積もり金額が、
すでに1900万円を超えている。   アヒー

今のところは一坪54万円位。
他のハウスメーカーに比べて
特別に高いわけではないが・・
これ以上の余分なお金は
あとが辛そうだから、出したくない。

そのためには、これしかない。
「全部の部屋を標準仕様でいく。」

   (=・。・)p b(‐。‐=) ・・ゼイタクハ ヤメヨウ


しかし、間取りや細かい設計を
打ち合わせていくと、

「ここはオプションつけないと、危険だ、マヌケだ、不便だ・・・」
みたいな話が
いくらでも出てくるのであった。


防犯ガラスは、大きいところには付いてるが、
ちょっと小さい窓もそれをしてしまうと、
1枚2万円ずつという計算で、予算が増えていく。  


台所は、
アイランドキッチンにしていたが、
通り道が狭くなるから、
片側を壁に引っ付けるペニンシュラタイプに変更したら
壁の防火施工が必要になり、
   5万円アップ。 

シンクタイプ



お風呂と洗面所の窓に、
外から見えないようにと、木の面格子をつけてもらうと、
   両方で3.6万アップ。




バルコニーに出るための部屋の窓を
外に出られる掃き出し窓にしたら、
  7万円アップ。




さらに屋根瓦を、ありがちにしたくないと
2色の混ぜ葺きにしてしまったので、
少し余分が出て5万円アップ。
   ( ほげー、贅沢しちゃったよー )




2階のデッドスペースを収納にして、
便利になると喜んでいたら、扉と棚板で
  8万円アップ。
 




そして和室
この、日本人にとって当たり前のお部屋が、
ああ、なんとオプションなのだった。

けれど我が家は、
畳でゴロゴロするのが大好きな家。
おじいちゃん、おばあちゃんが泊まりに来た時のためにも、
絶対にかかせない部屋。
  それが、12万円アップ。
  ( 床の間は、さらに高くなるのでもういりません。 ) 

      ( °。°)・・・ホケー



後、駐車場になる部分が、微妙にナナメになっているので、
それをまっすぐにするための基礎工事に
  7.5万円。 
  (安心車庫入れのためじゃあー・・・・泣き)





 全て税抜き   <(`A´;)>・・・アワワー





家を作っていると、
オプションだけで  
値段が2割増しになることはザラだという。

しかし1割だって、
200万円近いという莫大な金額なんですけど。 

      V(@▽@)V   ・・パニッパニッ

建築士さん曰く、

「とりあえず要望は全部出した上で、
 我慢できる所から削っていくのがいいと思います。
 どれ位の金額なら出せるのか、
 上限をきちんと決めておく事が大切ですね。」



懐具合から考えたら、5%が限度だってば。
しかし間取りと窓しか決めてないのに
すでに 3% 増額している。



しかも今後インテリアの話になると、
1階トイレはウォッシュレット標準だが、
2階はオプション。
両ウォッシュレットだと5万円くらい増額になるのだ。


2階のウォッシュレット、
やめたほうがいいですかね?   





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

 ↑ おしりだって洗って欲しい。 ポチッとよろしく。 


スポンサーサイト
[2008/11/19 06:00 ] |   間取り・設計 | コメント(8) | トラックバック(0)
リビングは要らない(1階間取り)
2階の間取り (→みんなの部屋)   の前に       
1階の間取りについても、話をつめた。


キッチンは、広々としていて
みんなで料理が出来る、アイランド型がいい。

ダイニングが家の中心で、
食事もおもてなしも、みんなそこで
ドーンと 引き受けるのだ。



      --------------------------

そして 和室  
これは 日本人としてはずせない。

 みんなでごろごろと、寝転がって本を読み、
 新聞を広げるタタミの間。

 田舎から、おじいちゃんおばあちゃんが来た時に
 布団をしいて泊める部屋。
 
 おひな様や、五月人形といった、
 洋間にミスマッチなものを、季節と共に飾る場所。
 
・・・・将来的に仏壇が侵入して来ても、これで耐えられる。
     (--;)ヾ  (考えたくないけど)


    --------------------------


さらにあふれがちな本をまとめておくための、
書斎も一部屋あればいい。

    --------------------------


それを取り入れて作ってもらった間取りプランを、
今の生活道具を考慮しつつ練り直す。



うーん

ダイニングがもっと広さがほしい。
でも和室も書斎も、必要空間だから 削りたくない。

「いっそ、和室をリビング代わりにするとか・・・」
夫がふとつぶやく。

 ・・・・・・・・おおっ  

その手があったか

「それで行こう。 リビング要らない。」



         --------------------------




うちの家族、テレビを見る時、
全員ソファーではなく地べたに座っている。

座るなら、板の間より畳のほうが気持いいでしょ。


テレビがおいてあれば、団欒の部屋として、

和室フル活用    



更に設計士さんもこういった。

「 実は私も、和室で団欒をするなら
  リビングはムダだと思ってました。 
      (ー。ー;)・・・アラ

  でもリビングの広さは、
  家のセールスポイントに なりやすいんで、
  私から無くそうとは言いにくいんですよね。

  このソファー部分なくなると、
  すっきり落着きますねえ。 (笑)  」





家の総面積が同じでも、
リビングの面積が広い方が、
値段を高く設定しやすいらしい。 (オー・ゴージャス)

だから建売やマンションでは、
他を犠牲にしてもリビングを広く取ろうとする設計が、
よく見られるそうだ。




間取り1001




売れ線にする必要などない我が家の1階は
こんな間取りに落着いたのでした。



TVは和室。 
日本的だんらんです。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
  ↑ ぼろぼろのソファーは半年後粗大ゴミ(すまん) ポチッとよろしく。 

[2008/10/13 06:00 ] |   間取り・設計 | コメント(7) | トラックバック(0)
みんなの部屋(2階の間取り)
城南建設には (ついに実名登場)
建築士さんは4人いるという。


だから  「紹介された人が合わない」 と思ったら  
取替えてもいいらしい。


「見かけは変わってますが、腕はいいんですよ。」 
と、営業担当さんから紹介された建築士さんは、
お笑いの な○ぎ武 にちょっと似た風貌で、笑顔も親しみやすい。

(子供はディラン先生と呼んでいた。)                
  

家に対する望みを、考え付く限り書き出して渡すと、
1週間後、 間取りプランのたたき台が出来てきた。

「ちょっとイレギュラーな要望もあったので、難しかったです。」 

  と言うだけあって、

建売や、展示場ではみたことのない、
我が家にあった間取り が出来ていた。
なかなかに使いやすそうである。


 

話し合いで色々と手直しをして
2階は、この間取りプランに落着いた。

間取り2001
 

子ども達にとっての、念願の自分の部屋。
3人とも クローゼット込みの6畳。

大人の寝室も6畳だが、外側に大き目のクローゼットが付く。



その他に子供共通の部屋 をお願いした。



というのは、

子供全員で使っているモノはたくさんあるのに、
それが今は、長女の独占している部屋と、リビングにあって
プライバシー侵害とか      ( by 長女  ) 
気軽に使えないとか      ( by 妹・弟 )
インテリアの邪魔とかで    ( by 母 )
みんなのストレスになっているのである。  
      p(`~´#)q  ・・・イラッ


   絵本、児童書、マンガ (これがなかなか多い)
   エンピツ削り、地球儀、辞書、辞典。
   セロテープ、ホッチキス、雑記長、折り紙などの文房具。
   ボードゲーム、パズル。
   その他共通のオモチャ。


これらの収納を、一気に引き受けてくれる部屋。
4畳半もあれば言うことはない。

パソコンも全員が使うので
ここに置くといいね・・・という事になった。





バルコニーにつながっているその部屋は
洗濯物も取り込んでおける。       

取り込んでたたむまでの洗濯物って
部屋が散らかって見える張本人 に
なりがちなので、このスペースかなり有難い。



ミシンもアイロンも
みんなここでやってしまおう。




間取りプランは気に入ったので、
ディラン先生の続投でいくことにしました。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ  ← 1階の話は次回  ポチッとよろしく。 

[2008/10/11 06:00 ] |   間取り・設計 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。